読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都再発見の旅。JR奈良線で伏見稲荷大社と東福寺を見たあとはB級カレーで〆

そうだ、京都へ行こう。 そう思い立ったときにはすでに伏見稲荷駅に着いていました。不思議。 京都と言えば、一番に思いつくのは清水寺という方も少なくないでしょうが、どうやら外国人にとっては別のよう。外国人が選ぶ日本の観光地の第一位に二年間君臨し…

修学旅行以来の奈良の旅。大人になって見直す奈良公園の観光地巡り

修学旅行の定番と言えば、東京・京都・奈良・長野・北海道・沖縄辺りがメジャーどころ。他の地域の人はどうか知りませんが、九州の田舎の公立出身の私にとっては京都や奈良が定番どころでした。海外への修学旅行なんてもう意味が分からないレベル。 ただ、東…

名古屋からのドライブ観光で行きたい富山県の五箇山と岐阜県の高山に行ってきた

「世界遺産の白川郷」と言えば、東海のみならず日本中でも知らないものはいないと言っても過言ではないほど有名な観光地。でも、有名ながらそれに比べれば意外と知られていないのが、白川郷と合わせて世界遺産認定されている富山県の「五箇山」。 「白川郷に…

がっかりスポット有り。絶景スポット有りの能登半島の海沿いドライブ―千枚田・塩の駅・青の洞窟―

能登半島を奥へ奥へと進む一本道。車で海沿いを抜けていくと、そこには世界農業遺産にも認定されているあの景色が見えてきます。 石川県を代表する名勝「千枚田」です。

石川県の朝の観光はここ!七尾市の食祭市場と輪島の朝市は活気があって楽しかった話

石川県の七尾市にホテルをとった私たち家族一行は、まず朝8時に七尾市の「食祭市場」へと立ち寄りました。観光パンフレットには“市場”と書かれていたので、野ざらしの市場のようなものかと思いきや意外とガッチリとした建物が。思い込みはあてになりません。…

名古屋から車で向かう北陸の旅―丸岡城・東尋坊・氷見番屋街―

福井県の永平寺を出たあと、次に目指したのは同じく福井県の「丸岡城」。現存天守として有名なお城で、観光案内には「日本最古の天守閣」と書いてあります。 現存天守の中でも、現在でも文化財としてみることのできるものは全国に12か所のみで、松本城や姫路…

福井県の永平寺は神社仏閣好きにぜひお勧めしたい素敵なお寺でした

シルバーウィークの名古屋に両親がやってきました。 私が名古屋に住んだとき「北陸にも関西にも関東にも旅行に行ける良い土地じゃない!」と言ったぐらいの旅行好きな両親ですから、名古屋に黙ってじっとしているはずもなく、レンタカーを借りて北陸旅行へと…

柳川市のお堀観光ができなかったので、「若松屋」で名物のうなぎを堪能してきました

柳の木と言えば、幽霊の背後に書かれていることもあり、一部には不吉な木として伝えられているようです。特に、庭に植えるにはタブーの木として知られており、私の実家の庭でも小さい頃に大きな柳の木が伐り倒されていたのを覚えています。 そんな個人で抱え…

廃墟好きや工場好きにおすすめ!新世界遺産の「万田坑」へ行ってきた

最近、日本各地で観光地の世界遺産化がすすんでいますね。どこの観光地もお客さんの獲得に精を出しているようです。 これだけ乱立されると、どこに世界遺産があるのやら分からなくなってきそうですが、せめて身近な場所の世界遺産ぐらいは知っておきたいもの…

通潤橋でダイナミックな放水を見つつ、美味しいステーキのランチを食べてきました

県外の人に有名な熊本観光の地と言えば、熊本城や阿蘇、天草などでしょう。 本州に来てから、ときどき「え?阿蘇って大分県じゃないの?」とか「天草って長崎県じゃないの?」と場所を勘違いされることこそありますが、県外の人にも有名な観光地であることに…

鹿児島観光にぜひおすすめ!黒豚のとんかつを格安で食べられるお店「竹亭」

鹿児島と言えば黒豚。 たとえ体が豚のようにぶくぶくと太ってしまっても、あの美味しさには勝てません。しゃぶしゃぶ、生姜焼き、角煮etc……といろいろな食べ方があるでしょうが、私の中でベストの食べ方はとんかつ。 そんな黒豚のとんかつの美味しいお店を知…

本州の人にはマイナーな、ゆるい鹿児島県の観光スポットに行ってきた

名古屋に住んでいると、よく聞かれることがあります。 「今度鹿児島に旅行するんだけど、桜島以外で観光するところってない?」 あの、わたし熊本出身なんですけど……。 北海道出身と言えば、北海道全土のことを知っていると思われがちなように、九州出身と言…

“日本のナイアガラ”を語るうえでは欠かせない!鹿児島県の「曽木の滝」へと行ってきた

“東洋のナイアガラ”、または“日本のナイアガラ”と呼ばれる滝はいくつかあります。群馬県の「吹割の滝」、大分県の「原尻の滝」などは有名でしょう。横幅が広く、水量も多い滝がそう呼ばれやすいようです。 ただ、個人的に日本のナイアガラを語る上で欠かせな…

家族連れにおすすめの熊本県の観光スポット「御船恐竜博物館」に行ってきた

小学生のころ、恐竜の図鑑を眺めてはその格好よさに惚れぼれとしていた私です。 そんな私の地元である熊本県にも恐竜博物館というものが存在します。その名も「御船町恐竜博物館」。名前が表すとおり、熊本県の御船町にある恐竜博物館のことです。 つい数年…

夏なので三重県のキャンプ場「朝明渓谷西山荘」でBBQと川遊び!

暑い! ここ最近の名古屋では真夏日や猛暑日を連日達成中。上からは太陽に、下からはコンクリートに焼かれる日々に私の我慢ももう限界。こんな時には台所に立っているだけで汗がダラダラ出てくるので、自炊をするのも嫌になる始末。 夏休みシーズンで自宅に…

たった2時間で甲府市を満喫しよう!無計画に走り抜けた神社仏閣とワイナリーの旅

東京から名古屋へ帰る際、朝の富士駅で立ち食いそばをすするオジサマを見て、ふと私は悩みました。 「このまま浜松経由で名古屋へ帰ってしまうことは簡単だ。でも、それじゃあ寂しくないか? もっと旅をしたくないか!?」と脳内の松岡修造が熱く語りかけてき…

JR富士駅近くの有名店「金時」で食べたカツ皿や桜エビのかき揚げが美味しかった

東京から名古屋へと向かう際、たいがいの人は東海道線を抜けて静岡県内を突っ走るでしょう。熱海、静岡、浜松と、それぞれ静岡県内の魅力的な都市を横切るため、途中で宿泊してしまう人も少なくないはず。 鎌倉、熱海と観光で疲れた私もそんな静岡県の土地で…

暑い夏におすすめの観光スポット熱海!温泉しか無いと思た私の思い込みは完全に間違いでした

夏と言えば海!海と言えば、熱海!ということでやってまいりました。鎌倉から約30分、都内からでも1時間半ほどで行ける海水浴スポットであり温泉スポットの熱海です。 ……と言っても、私も現地に行くまで知らなかったんですけどね。熱海と言えば温泉地のイメ…

初めての鎌倉で夏の暑さにやられつつも鶴岡八幡宮を観光してきました

東京から名古屋へと行く時には、新幹線で一気に駆け抜ける方法を取っても良いですが、一方でローカル電車でぶらっと旅をするのもオツなもの。 東海道線をストレートに突っ走るだけではなくて、神奈川や静岡の南側まで回れればより色々なものを楽しめるはずで…

築地市場で食べた虎杖の海鮮ひつまぶしはウニの濃厚さがたまらない一品でした

「関東で海鮮を食べた」と言えば、多くの人がまず一番に思い浮かべるのは築地と言っても過言ではないでしょう。少なくとも、海鮮に関してその知名度で全国的に上回る場所はそうないはずです。 父との東京旅行もこれで最後。午後には九州へと帰宅してしまう父…

世界でも評価されているという埼玉県のサイボクハムで豚肉を食べてきました

昨年、カンブリア宮殿を見ていた時にとある面白い施設が放送されました。その施設の名は「サイボクハム」。 なんでも、自社製品の豚肉やその加工品などを販売、調理した「豚のテーマパーク」とも呼ばれる施設が関東で人気だというのです。埼玉県の一つの中小…

田舎の父と初めての東京観光で巡ったアメ横、秋葉原の町並み

「アメ横に行きたい」 そんな父の願いを聞いて、着きましたは東京のアメ横こと「アメヤ横丁」。父になぜアメ横に行きたいのかを尋ねてみると「年末の福袋商戦でいつも特集が組まれているから」とのこと。 ああ、確かにそんなイメージがありますね。今は年末…

田舎の父親が東京に来たので案内がてら東京観光 ―浅草編―

田舎の父親から「今度の休みに東京に行くけれど、お前も名古屋から出てこないか」という連絡がきました。正直なところ、私は東京にあまりいい思い出がありません。 別に東京が悪いわけではなくて、東京に行くときには学会だったり仕事だったりと、あまり良い…

地元の人の車で奥美濃観光!石徹白からやまと、郡上八幡城までの旅

先日、私が泊まり込みでバイトに行っている農園のスタッフの方から「俺の車で泊まり込み最終日の休日に奥美濃観光に連れて行ってやるよ」というありがたいお言葉をいただきました。 たった一週間のバイトで転がりこんでいただけのただのバイトに、ここまで優…

たった一週間だけの田舎暮らし体験 ―モノは無いけれど、人の優しさに恵まれたとある一日―

田舎の朝は早いです。朝の6時にはぱっちりお目々が冴えてしまいます。……というより、夜にすることがないので自然と朝早く目が覚めてしまうだけなんですけどね。10時就寝、6時起床のなんとも健康的な生活です。 私が田舎に滞在する間お手伝いすることになって…

ボラバイトで農業のお手伝いに行くために石徹白地区へと1週間行ってきます

さて、今回はボラバイトという有償ボランティアを使って、岐阜県の郡上市は「石徹白(いとしろ)」という地区へやってきました。 石徹白は岐阜県の中でも福井県に隣接する山間の地区で、昔は福井県の村だったこともあるのだとか。私鉄長良川鉄道の執着地点で…

日本三大清流の長良川を眺められる「長良川鉄道」が素晴らしかった

もうすぐ夏本番! 夏といえば旅行の季節。ホテルも人で溢れ、観光地もにぎわう季節です。でも、有名な観光地に直接行って、その観光地だけを味わうというのも味気ないもの。旅には、その過程も大事です。 今回、私は農業のお手伝いをしたくて"ボラバイト"と…

大阪旅行ぶらぶら旅―新世界から大阪城へと男一人が食べ歩きツアー―

大阪旅行2日目の朝は、東横インのモーニングからの始まりです。20代にあるまじき健康的な朝食を、何語かよく分からない周囲の会話をBGMにしながらいただきます。 先日、ホテル業界の人に聞いたのですが、大阪・東京のホテルは中国韓国のツアー会社が数ヶ月前…

大阪の出張ついでに新喜劇を見て、肉吸いを食べてきました

出張ですよ。出張。今度の出張先は、大阪です。実は私、大阪は人生で2回しかいったことがありません。1度目は小学生時代のUSJ。2度目は大学院時代の大阪大学での学会です。正直、大阪を遊んできたというには、にわかが過ぎる経歴。せっかくなので、今回は出…

大分県で大自然を味わってきました―院内道の駅・耶馬峡・豆田町編―

大分での旅行も後半を迎え、耶馬峡へと向かおうとしていた途中の道。とある面白い施設を見つけました。それが院内道の駅です。 おすすめの大分旅行編―中津城・昭和村・宇佐神宮― こちらの道の駅は、山間の中にポツンと存在しており、知る人ぞ知るといった雰…

おすすめの大分旅行編―中津城・昭和村・宇佐神宮―

大分の旅は、大分県内の北東にある中津市から始まりました。朝一番の食事はルートインのバイキングから。 うん、盛り方が汚い。でも美味しかったですよ。チェーンのホテルにしては、中津駅前のルートインはけっこう豪華な方なのではないでしょうか。とはいえ…

そうだ 大分、行こう。―思いつきの1泊2日の旅―

いつものように実家でごろごろと惰眠をむさぼり一日を終えようとしていたところ、ふと思い出しました。「そうだ今日はゴールデンウィークではないか」と。 こうしちゃいられない。早速荷物をまとめて旅行の準備に取り掛かりましょう。私のモットーは思い立っ…

静岡旅行じゃないよ!あくまで静岡出張記だよ!―駿府城・清水港・三保の松原編―

静岡出張2日目の朝は散歩から始まりました。枕が変わると、よく眠れない私は朝の光を浴びに静岡市内をぶらぶら。市内の中心地にある「駿府城」を見に行くためです。 とはいえ、今は駿府城の面影も無く、やぐらが2つと城壁が一部残っているだけで中は公園にな…

静岡市内を目一杯旅行して、食べてきた

静岡旅行出張一泊目の朝を迎えてくれたのは、ビジネスホテルの無料朝食たちでした。 朝のビジネスホテル飯とは、なんでこんなにも魅力的なのでしょうか。大してクオリティが高いわけではないのですが、ドリンクサーバーから出てくるジュースでさえもファミレ…

日々紹介のバイトに登録していたらタダで静岡旅行できた話

昼の12時。いつものように自宅でごろごろとしていた私のもとに、とある一本の電話がかかってきました。 「突然のお電話で申し訳ありません。明日、明後日のお仕事に参加してくださる方を募集しているのですが、ご都合はいかがでしょうか?」 どうやら私が登…

軍艦島に向かったら全力で吐きそうになった

どーも、ニートです。 長崎の有名な観光地と言えば、中華街や稲佐山などを挙げる方も多いと思いますが、コアなファンが未だに多く、いまだにDVDや書籍などで取り上げ続けられる観光地があります。 それが「軍艦島(端島)」です。 改めて解説するまでもありま…

ちゃんぽん発祥のお店でちゃんぽんを食べてきたよ

どーも、ニートです。 先日のランタンフェスティバルに引き続き、今回は長崎市内の観光に行ってきました。場所は先日の中華街から少し離れて、オランダ坂の方へと向かったエリア。 長崎には、オランダ坂やらグラバー園やらおシャンティな名前のエリアが多い…

ニートが長崎のランタンフェスティバルに旅行してきた

どーも、ニートです。 長崎では、毎年中国の旧正月に合わせてランタンフェスティバルというお祭りを行っています。中国の伝統行事にのっとっているためか、場所は長崎の有名な観光スポットである中華街。 カップルたちがランタンの明かりにともされながら、…

名古屋から犬山市の寂光院へと紅葉狩りにドライブしてきたよ

どーも、ニートです。 秋のイベントと言えば、食欲、読書、運動と目白押しですが、自然を愛でることも重要なイベントの1つ。いつも誰にも愛でられないニートだからこそ、何かを愛でたくなる気持ちの強さもひとしおです。 そんな愛に飢えたニートのもとに、お…

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―養老の滝・千代保稲荷神社編(最終日)―

どーも、ニートです。 北関東、北陸を出て、名古屋へと帰るニートの旅も今日で最後の日になってしまいました。 5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―東尋坊・彦根城編(5日目)― - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです 今日は岐阜県の「養老の滝」と「千…

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―東尋坊・彦根城編(5日目)―

どーも、ニートです。 ニートは金沢を堪能し、北陸最後の地、福井県へと突入。 5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―氷見漁港・兼六園・東山編(4日目)― - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです 目的地は、そう。もちろん福井の「東尋坊」です。

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―氷見漁港・兼六園・東山編(4日目)―

どーも、ニートです。 富山市から金沢市を目指し、ニート一行は、車に乗り込んだのですが、地図を見て一言。 5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―日光東照宮・奥日光・富山市編(3日目)― - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです 「これ、途中に氷見市が…

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―日光東照宮・奥日光・富山市編(3日目)―

どーも、ニートです。 宇都宮で美味しい餃子を食べたニートたちは、北へと上り日光東照宮を目指しました。 5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―富岡製糸工場・宇都宮編(2日目後半)― - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです 車で移動すること、一時間。…

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―富岡製糸工場・宇都宮編(2日目後半)―

どーも、ニートです。 静岡を出て、今度の目的地は群馬です。 そう、群馬には今年の6月に世界遺産認定された「富岡製糸工場」があるのです。

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―白糸の滝・湧玉神社・浅間大社・水ヶ塚・河口湖編(2日目前半)―

どーも、ニートです。 昨夜、名古屋から無事、富士市に着いたニートたちは富士市のスーパーホテルで朝を迎えました。 5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―名古屋~静岡編(1日目後半)― - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです ホテルの朝食って“旅”って…

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―名古屋~静岡編(1日目後半)―

どーも、ニートです。 先日、愛知県の知多半島をぐるっと一週して観光してきたニートたちは、その足のまま静岡県へと向かいました。 5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―知多半島編(1日目前半)― - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです 静岡県というと…

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―知多半島編(1日目前半)―

どーも、ニートです。 先日、知人がニートにこう言いました。 「旅行したいね」と。 2泊3日程度の旅だと思っていたので、「そうだね」と返したのがニートの過ちの始まり。ニートはいつだって確認を怠ります。 当日まで何の打ち合わせも無く、「俺が運転する…

青春18切符の旅行で注意しておくと便利な10のこと

どーも、ニートです。 先日、青春18切符の旅行に絶対に持っておくべきものについてご紹介しました。 青春18切符の長距離旅行に必須のアイテム - 大学院を出たニートが名古屋で暮らすようです ただ、これはあくまで“最低限”です。 青春18切符の旅行をする上で…

青春18切符の長距離旅行に必須のアイテム

どーも、ニートです。 ニートは青春18切符を使ったぶらり旅が結構好きで、何度も何度も西日本を往復した経験があります。 まぁ、鈍行の旅が好きというよりは5年目のペーパードライバーなので、レンタカーを運転するのが怖いといった方がただしいのですけどね…

ニートが田舎でチキン南蛮を食べてきたようです。

どーも、ニートです。 ニートの地元は、九州です。 九州と言えば、様々な美味いもんがあることで知られています。 とんこつラーメン、馬刺し、ちゃんぽん、鶏刺し、さつま揚げetc……。 色々とありますが、特にニートの大好物はチキン南蛮です。 昨夜は、そん…