読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニートの生態―金持ちのオジサマに接待される―

ぶらぶら

ニートになってから、人様に色々なものを恵んでいただくことが多くなりました。

 

もちろん、自分としては物乞いしているつもりもないし、ひもじい思いをしているつもりもないですが、人によっては不憫な姿に映るのかもしれません。

 

今日は、そんな私が名古屋の錦の方へと連れていかれ、お金持ちのオジサマに色々と恵んでいただいたお話をします。

 

まず、1件目はお寿司屋さんということで栄、錦の写楽1号店。

f:id:nyarumeku:20140627005704p:plain

 

栄駅から徒歩数分の位置にある、リーズナブルな美味しいお寿司屋さんです。

 

もちろんリーズナブルといっても、ニートからすれば半月ほどの食費を取られる場所ですが……。

 

f:id:nyarumeku:20140627010736j:plain

 

暖簾をくぐり抜けて、カウンター席へと向かいます。

 

f:id:nyarumeku:20140627010714j:plain

f:id:nyarumeku:20140627011517j:plain

突き出しは豆腐の上に餡がかかったもの。

 

料理名をお聞きすることはできませんでした……。

 

f:id:nyarumeku:20140627010524j:plain

 

豆腐の滑らかさと餡のトロリとした塩気がベストマッチング。

 

それから、とりあえず、海鮮サラダを頼みます。

f:id:nyarumeku:20140627010547j:plain

 

そして、お寿司は大将に完全お任せ、お金のある人だから出来ることです。

 

f:id:nyarumeku:20140627010639j:plain

 

f:id:nyarumeku:20140627010652j:plain

 

f:id:nyarumeku:20140627010703j:plain

 

f:id:nyarumeku:20140627010605j:plain

 

鱧は久しぶりに食べましたが、美味しかったですね。

 

中トロも程よく脂がのっていて美味しかったです。

 

それから、「写楽」さんを出てバーへ。

 

バーの名前を残念ながらお聞きするのを忘れていましたが、30代のバツイチママと20代のホモセクシャルの男性が2人で切り盛りしているバーは、まるで家で飲んでいるかのような心地よさを覚えました。

 

f:id:nyarumeku:20140627011624j:plain

 

思わずウイスキーをロックで4杯も飲み……。

 

そして〆には、名古屋でも有名らしい味噌煮込みうどんの店、「龍」さんへ。

 

f:id:nyarumeku:20140627011936p:plain

 

夜の0時を過ぎているというのに、店の前には空き待ちのお客さんが並んでいます。

 

f:id:nyarumeku:20140627012019j:plain

 

少し並んでいると、中に入ることができました。

 

中の雰囲気は、下町の食堂という感じ。

 

男女比も脅威の10:0!

f:id:nyarumeku:20140627012114j:plain

 

オーダーをして少し待つと、いよいよ待望の味噌煮込みうどんが……!

 

f:id:nyarumeku:20140627012228j:plain

 

九州出身の私には、赤みそが得意でないということもあり、めちゃくちゃ美味いというわけではありませんが、素朴で懐かしい味がしました。

 

と、こうしてお金持ちのオジサマに連れられたお店めぐりは終了し、地下鉄で帰り普段の生活へとカムバック。

 

なんというか、私にとって名古屋の栄はやっぱり「非日常」な感じがします。

 

たまには楽しいですが、私にはああいう空間は少し厳しいようです。

 

とはいえ、お寿司も美味しかったですし、バーの雰囲気もよく、味噌煮込みうどんも赤みそが好きな方にはおススメですので、機会があればぜひ足を運んで見て下さい。