読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直、大戸屋はチェーン店では一番美味いと思うニート

ぶらぶら

どーも、ニートです。

 

ニートは先日、今池駅そばのデリスクエア内にある「大戸屋」に行ってまいりました。

 

デリスクエアとは、昨年11月にオープンした「内食・中食・外食のマーケットに対応するショッピングセンター」であるとされています。

 

そのコンセプト通り、店内は生鮮食品やお惣菜のあるスーパー、豊富なフードコートなどがスペースを埋めています。

 

そんなデリスクエアの一角に「大戸屋」のチェーン店があるわけです。

 

f:id:nyarumeku:20140731103229j:plain

 

 

相変わらず画像はブレッブレですね。

 

ニートがもしお店の画像許可をもらう際に、撮影した画像を見せていたら掲載不可になってしまうかもしれません。

 

まぁ、そんなことはさておき、ニートにとって大戸屋はチェーン店の中では一番好きなフードチェーンです。欲を言うなら自宅の近所に出来て欲しいのですが、その辺はマーケティングのこともあるので、どうしようもないですね。

 

大戸屋では、ちゃんと店内で料理しているのだと思うのですが、食事の提供には少しだけ時間がかかります。

 

ただ、ニートの個人的な意見としては、レンジでチンしただけのご飯を5分ぐらいで提供されるよりは、ちゃんと人の手の入ったものを20分ぐらいかけて提供された方が全然良いと思います。

 

ニートにはそのぐらい待てる時間の余裕も、有りすぎるほどに余ってますしね。

 

というより、飲食店に行ってたった10分も待てないような人はファストフード以外のお見せに行かない方が良いと思います。

 

と、ちょっと愚痴ったところで、大戸屋ランチをオーダー。

 

いつもは焼き魚ばかりオーダーしているので、ちょっと異種替えしてみたくなりました。

 

それで届いたのがこちら。

 

f:id:nyarumeku:20140731104003j:plain

 

このボリュームでお値段650円。しかも、玄米ご飯と白米は選べて、大盛りも無料だというのだから、太っ腹。

 

ニートもつい食べ過ぎて思わず腹が横に太くなります。

 

当然、お味の方も申し分ありません。最近の下手な定食屋より全然満足感もあります。

 

から揚げは柔らかくジューシー。お肉を一口噛めばジュワッとした肉汁が溢れます。

 

そしてコロッケを口に含み、足りない塩分を漬物で補います。

 

サクっ!カリっ!と口の中で混ざり合う二つの食感と味がたまりません。

 

すぐにプチプチとした雑穀の食感がたまらないご飯をほお張ります。

 

そして口の中の足りない水分を補うようにズズッと味噌汁。

 

ああ~、いいですね~。

 

ザ・定食!という感じです。

 

なにか特別な工夫も特別な品目もあるわけではないんですが、こういうのがたまらなく欲しくなる時があるのです。

 

もちろん、たまにはジャンクな食事もいいんですが、「普通のメシを普通に食える」って幸せに勝る食事は無いと思います。

 

ごちそうさまでした。今日もニートの日常は幸せです。

 

デリスクエアはおおよその場所さえ分かれば、すぐに発見できると思うので、以下に住所だけご紹介しておきます。

 

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目30番6号

今池駅から180m

 

大戸屋 にっぽんの定食レシピ (GAKKEN HIT MOOK)

大戸屋 にっぽんの定食レシピ (GAKKEN HIT MOOK)