読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎で一番トルコライスが美味しいお店へ行ってきた

旅行記

どーも、ニートです。

 

ニートは先日、長崎へと行ってきました。長崎にはニートの身内がいるからです。

 

熊本から長崎へは陸路と海路の2つがありますが、自分の車があるなら熊本港から島原港へと海路を進むことをお勧めします。

 

高速代やガソリン代、加えて移動時間を計算すると確実に海路の方が安く、短い時間で移動できるからです。

 

f:id:nyarumeku:20140910001748j:plain

 

熊本港では、船が出港するまで地味に時間を潰さなければいけないので、港のお土産屋さんをぶらぶらします。

 

f:id:nyarumeku:20140910001948j:plain

 

土産屋で時間を潰していると、早速長崎行きの船へと乗り込む時間がやってきました。

 

f:id:nyarumeku:20140910002736j:plain

 

ここから長崎へは約30分の船旅です。

 

船に揺られ、その足でそのまま長崎市へと向かいます。

 

f:id:nyarumeku:20140910002926j:plain

 

長崎には、ちょうど中国から着いたばかりの巨大旅客船が停泊していました。

 

f:id:nyarumeku:20140910002906j:plain

 

ニートもいつかあんな船に乗ってみたいものです。

 

そのためには、早くニートを止めなければいけませんね。

 

…当分止める気はありませんけどねっ!

 

まぁ、それはさておき今は腹ごしらえです。

 

さっそく車を一時間ほど走らせ、トルコライスのお店へと向かいます。

 

トルコライスとは、長崎の名物の1つで、ピラフの上にカレー、そしてパスタ、カツなどが一皿にまとまった料理の事を指します。

 

ちなみに、トルコライスは大阪と神戸にもあるらしいのですが、長崎のものとは全く別物らしいです。

 

ニートが訪れたのは、長崎で最もトルコライスが美味しいお店に選ばれた「向日葵亭」さん。

 

f:id:nyarumeku:20140910003856j:plain

 

郊外にあるにもかかわらず、駐車場は満杯。さすがですね。

 

店内に入ると、なぜかウルトラマンのフィギュアたちがお出迎え。

 

f:id:nyarumeku:20140910004047j:plain

f:id:nyarumeku:20140910004728j:plain

 

「確かに、今年は円谷プロが50周年だけど、トルコライスに何の関係が…?」という疑問も解決されないままに席へと案内されます。

 

ニートの注文は最もオーソドックスな「向日葵亭風トルコライス大盛り(1230円)」。

 

f:id:nyarumeku:20140910004336j:plain

 

隣のアイフォンと比較してもらえれば、その大きさが分かるかと思います。

 

正直、大盛りはやりすぎましたね…。

 

とはいえ、本当に「長崎で一番」と評されるほどの美味しさはあります。

 

カレーのルーも文句なくスパイシーで、サクサクな上ジューシーなカツとも相性がとてもいいです。

 

ピラフもベトベトしておらず、カレーとの相性も抜群!

 

もちろんパスタもアルデンテで上にかかっているミートソースも最高です。

 

正直、トルコライスとしてだけでなく洋食屋としてのクオリティが非常に高いお店です。

 

ちなみに、一緒に行った家族は「オムハヤシのトルコライス(990円)」をオーダーしていました。

 

f:id:nyarumeku:20140910004641j:plain

 

こちらは、「秘密のケンミンshow」などで取り上げられて有名になったそうですね。

 

ニート的にはカレーの方が好きなので、普通のトルコライスの方が好きですが、少し食べさせてもらった感想として、ふわふわのオムレツとハヤシライスの組み合わせが最高でした。

 

「向日葵亭」さんは他の方にもぜひお勧めしたいお店です。

 

車が必須ですが、皆さんも長崎を訪れた際にはぜひ。

 

以下に向日葵亭さんの住所を記載しておきます。

 

長崎県長崎市京泊2−9−34

TEL: 095-840-1860

営業時間:11:00~0:00

定休日:年末年始

 

長崎名物「トルコライス」を作ってみよう! (All About Books)

長崎名物「トルコライス」を作ってみよう! (All About Books)