読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「名物は台湾ラーメンです」って言っても、「何で名古屋なのに台湾なの?」って返される

ぶらぶら

どーも、ニートです。

 

最近なぜか名古屋名物のお店ばかり行っている気がします。

 

今回も例に漏れず、名古屋名物のお店です。

 

さて、皆さんは名古屋名物「台湾ラーメン」なる食べものをご存じでしょうか。

 

醤油ベースのスープにたっぷりのにんにくが入ったラーメンなのですが、意外と他県の方には知られていません。

 

というか、ニートも知りませんでした。

 

でも、意外と市内の中華料理屋を見ていると、そこかしこに「台湾ラーメン」の文字があるんですよね。

 

このお店、「亀仙人」さんもその1つです。

 

f:id:nyarumeku:20140921203618j:plain

 

先日、味噌カツのお店をご紹介しましたが、この亀仙人もそのお店からすぐそばに有り、それぞれのお店は徒歩7分程度しか離れていません。

 

いずれのお店も一番近い駅は「川名駅」なのですが、駅から徒歩10分近くかかるので、車があるなら車で向かった方が良いかと思います。

 

ちなみに、亀仙人さんはP.M.17:00~A.M.2:00まで開いているのですが、閉店間際まで行列ができる有名店です。

 

f:id:nyarumeku:20140921204147j:plain

 

ニートは店がオープンするとともに早速店内に入ってお目当ての台湾ラーメン(600円)をオーダー。

 

f:id:nyarumeku:20140921204305j:plain

 

湯気がすごいことになっていますが、熱々を口の中に放り込むのが粋というものです。

 

たとえ猫舌の舌を火傷することになっても!たとえ翌日地獄を味わうことになっても!

 

濃厚で、ちょっぴり辛くて塩辛な醤油スープをニラやひき肉、麺と一緒にズルズル~~~っとすするのです。

 

……っはぁぁぁぁ。落ち着く味です。

 

名古屋風の濃い味なのですが、ダシがきちっととってあるので、全然しつこく感じません。

 

そして、ラーメンと一緒に食べるものと言えば「餃子(400円)」です。

 

f:id:nyarumeku:20140921204724j:plain

 

ここの餃子の皮はパリパリというよりは、ムチムチ、あるいはモチモチ。

 

小龍包を思い出してもらえれば分かるかもしれませんが、ムチッとした皮を噛んだ瞬間、肉汁がジュワーッと口の中に広がるのです。

 

本当に美味しい。

 

……でも、何かが足りない。

 

まぁ、原因は分かっているのですよ。

 

ご飯が足りないのです。

 

ということで頼んじゃいました。「仙人飯(680円)」。

 

f:id:nyarumeku:20140921205053j:plain

 

炭水化物 with 炭水化物 featuring 炭水化物で、炭水化物の満漢全席です。

 

うん、全く意味が分かりませんが、そのぐらい興奮しているという事が伝われば良いんです。本当に美味しいんですから。

 

せっかくですから、別の日に来た時の天津飯も載せておきます。

 

f:id:nyarumeku:20140921222727j:plain

 

こちらの亀仙人さんは美味しいのに安いうえ、某牛丼チェーン店のお株を奪うほど提供が早いし速い。

 

その上、接客も凄く良く、グラスの水が無くなってから1分以上待たされたことがありません。

 

何度でも来たくなるお店です。

 

まぁ、その度にニートの財布のボリュームとお腹のボリュームが反比例関係になっていくのですけどね……。

 

でも、「名古屋名物の味噌煮込みうどんも味噌カツも食べたしなぁ……。味噌以外のものが食べたいなぁ……。」という方、ぜひ一度こちらの「亀仙人」さんを訪れてみることをお勧めします。

 

基本的に郊外にあるのですが、行列覚悟で行った方がいいでしょう。

 

以下に住所を記載しておきます。

 

名古屋市昭和区安田通6-6-1 三浩ビル1階

TEL: 052-763-4598

定休日: 水曜日

営業時間: 17:00~翌02:00