読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5泊6日の中部・北関東・北陸の旅 ―知多半島編(1日目前半)―

旅行記

どーも、ニートです。

 

先日、知人がニートにこう言いました。

 

「旅行したいね」と。

 

2泊3日程度の旅だと思っていたので、「そうだね」と返したのがニートの過ちの始まり。ニートはいつだって確認を怠ります。

 

当日まで何の打ち合わせも無く、「俺が運転するからニートは最低限の荷物だけ持ってきて」と言われ、ニートは二日分の着替え、ドライヤー、iPhoneのバッテリーなど最低限のものを詰め込み家を出発。

 

名古屋駅まで出て「タイムズカーレンタル」で借りた車に乗り込みます。

 

f:id:nyarumeku:20140923213740j:plain

 

あ、ちなみに格安レンタカーでは「タイムズカーレンタル」「ジャパンレンタカー」「ニコニコレンタカー」あたりが店舗も多くお勧めです。

 

まぁ、ニートは運転してもらう側なので、あんまり関係ないですけど。…そろそろ運転しないと、いずれ本気でゴールド免許のペーパードライバーが誕生しそうで恐ろしいです。

 

車に乗り込んだ後、友人にどこに行くのかを尋ねると「知多半島に行きたい」と旅行雑誌を渡されます。知多半島とは、名古屋を出て愛知の下部の方にあり、海に面した自然の多いエリアのことです。

 

知多半島としては知らなくとも、伊勢湾、三河湾といった名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

全国的に有名な特定の観光地があるわけではないので、どうせ旅行雑誌のページを見ていたら美味しそうな何かを見つけたに違いありません。

 

案の定、知人の運転に身を任せた結果たどり着いたのがこちら。「めんたいパーク」

 

f:id:nyarumeku:20140923001301j:plain

 

ええ、そうです。福岡土産でよく知られる「かねふく」の明太子直売所です。

 

「えっ!?かねふくの明太子って愛知でも買えんの!?」というのは、ここ最近で一番の衝撃だったかもしれません。

 

ちなみに、かねふくでは無料で明太子の試食ができるので、食いしん坊万歳の方はぜひ。

 

f:id:nyarumeku:20140923002039j:plain

f:id:nyarumeku:20140923001600j:plain

f:id:nyarumeku:20140923002113j:plain

f:id:nyarumeku:20140923002013j:plain

f:id:nyarumeku:20140923002137j:plain

f:id:nyarumeku:20140923002158j:plain

 

めんたいパークで優雅な朝食(明太子&鮭臭)を済ませてからしばらく走ると、今度はお昼にちょうどいい時間になってきました。

 

せっかくなので、知多半島でも有名なお食事処に向かいます。「うつみ食堂」さんです。

 

f:id:nyarumeku:20140923002438j:plain

 

こちらは生シラスなど、新鮮な太平洋側の海の幸を食べられることで有名な食堂です。

 

ニートはせっかくなので、「生しらす定食(2400円)」をオーダー。

 

f:id:nyarumeku:20140923002635j:plain

 

生シラスはポン酢と薬味でいただきます。仄かな苦みとつるつる、ねっとりとした食感が交じり合う感じは珍味と言って差し支えないと思います。

 

物凄く美味しかったので、出来るならもう一度食べたいですね。

 

個人的には、小皿で出てきたもずくが明らかに食感がはっきりしていて酸味が少なかったのが最も印象的でした。人生で食べた中で一番美味しいもずくでしたね。

 

f:id:nyarumeku:20140923002952j:plain

 

ちなみに一緒に行った知人は「じゃこ天定食(1600円)」をオーダー。じゃこ天はちりめんじゃこがこれでもかと言わんばかりに大量に入っており、サクっ、フワッとした食感とじゃこの香りが楽しめます。

 

画像では分かりにくいかもしれませんが、結構ボリュームがあるので女性だとお腹いっぱいになってしまうかもしれません。

 

ニートたちは美味いもので重くなった胃を抱えながら、観光へと戻ります。

 

今度は名古屋名物のえびせんを作っている工場である「えびせんべいの里」へ。

 

f:id:nyarumeku:20140923003258j:plain

f:id:nyarumeku:20140923003730j:plainf:id:nyarumeku:20140923003841j:plain

f:id:nyarumeku:20140923003801j:plain

 

えびせんべいがベルトコンベアでざらざらと流れていく様子を眺めつつ、塩気のあるせんべいを片っ端から試食すると、今度はのどが渇いてきました。

 

塩辛いものには、もちろんあれですよね?そう、お酒です。完全に呑兵衛の発想ですが、九州出身のニートにとっては当然の連想です。

 

そして知多半島の日本酒製造と言えば、「国盛」です。

 

f:id:nyarumeku:20140923004131j:plain

f:id:nyarumeku:20140923004205j:plain

f:id:nyarumeku:20140923004238j:plain

f:id:nyarumeku:20140923004318j:plain

f:id:nyarumeku:20140923004556j:plain

 

ちなみに、こちらでは工場見学をすると無料で7,8種類ぐらいのお酒を試飲することができます。運転手はともかく、同乗者の人はせっかくですから試飲してみると良いでしょう。

 

ニートは当然、全てのお酒を試飲しました(もちろんちゃんとお酒も買いました)。

 

甘みが強いもの、すっきりしたものなど色々ありましたが、焼酎好きのニートでも飲みやすいお酒が多い印象でした。

 

さて、これで知多半島の3分の2程度のエリアは回ったでしょうか。

 

知多半島の観光地は岬や灯台などを除けば、ほとんどが工場見学に集中しています。

 

最近流行りとはいえ、どこの工場も見学者への対応が良く、色々と楽しむことができました。皆さんもぜひ一度、知多半島へ訪れて新鮮な海の幸や工場の生産品を味わってみてはいかがでしょうか。

 

次回は静岡編です。今回立ち寄った場所の詳細を以下に記載しておきます。

 

めんたいパーク

常滑市りんくう町1-25-4

定休日: 年末年始

営業時間: 9:00~18:00

うつみ食堂

愛知県知多郡南知多城下66-3

TEL: 0569-64-0555

定休日: 無休

営業時間:[月~金] 11:00~15:00 17:00~20:30 [土・日] 11:00~20:30

えびせんべいの里

愛知県知多郡美浜町大字北方字吉田流52−1

TEL: 0569-82-0248

定休日: 無休

営業時間: 8時~17時

国盛

愛知県半田市東本町2-24
TEL: 0569-23-1499

定休日: 毎週木曜、年末年始、盆休み

営業時間: 午前10時から午後4時まで