読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニートが日雇いバイトのサイトを比較しておすすめ5つを決めるよ

「このままじゃお金がなくて生活ができない!あと少しのお金があれば生活できるのに!」

 

そんな困ったときに役に立つのが日雇いアルバイト。

 

日雇いアルバイトとは、"日払い"のバイトとは違い、たいてい1日~1週間ぐらいの短期で雇われて給料をもらうバイトのこと。日払いは、勤務した日にちの期間によって給料が決まるバイトのことです。勘違いしやすいですが、日雇いとは短期のバイトのことですね。

 

「日雇いや単発の仕事 = 当日にお金がもらえる!」と思っている方も多いですが、単発のお仕事だからと言って、必ずその日にお金がもらえるとは限りません。

 

当日にお金が欲しい場合は、「単発」と募集してあるだけでなく「当日払い」と書いてある仕事がおすすめです。まさに今、お金が足りない人は日雇いの当日払いのバイトを選びましょう。

 

さて、そんな1日だけ、または短期間だけ働く日雇いアルバイトですが、みなさんはどこで日雇いや単発のバイトを探されているでしょうか。人によっては探したことが全くないので、探し方が分からないという方もいらっしゃるかもしれません。実際、私も初めて日雇いのアルバイトを探す時はとても苦労しました。

 

 

そして、日雇いや単発バイトは長期バイトに比べて圧倒的に探しにくいうえに探すのに時間がかかります。なぜなら、「日雇いアルバイト専門のサイト」というのがそもそもほぼ0に近く、他の短期バイトと一緒に検索しなければならないからです。

 

しかも、日雇いバイトと普通のアルバイトを混ぜて検索結果に表示するサイトも多く、なかなか目的の単発アルバイトを見つけられないということも少なくありません。ときには、まったく日雇いと関係のない派遣登録の情報ばかりが出てくることも。

 

そこで、ここでは、ニートの歪みに歪んだ独断と偏見によって、日雇いアルバイトを探すうえでおすすめなバイト募集サイトを勝手にランキング化していきます。

 

あまり数だけ取り上げても意味が無いので、ここではサクッと5つのサイトだけランキング化してご紹介します。ランキングの基準は大きく分けて3つで、上から順に重視しています。

 

  1. いついつに働きたいと決めたらすぐに働けること
  2. 登録制のバイトや派遣バイトなど余計な情報が少ないこと
  3. バイトの種類の多さ

 

できるだけ東京以外の大阪、名古屋、福岡といった地方でも探しやすいサイトを選んだつもりですが、そもそも地方は1日だけ、単発で働くといった求人があまり多くないことは注意が必要です。それでは見ていきましょう。

 

単発・日雇いアルバイトのサイトまとめ

第5位 Lacotto(ラコット)

「Lacotto(ラコット)」は「an」や「from a navi」などの有名求人情報サイトを一括で検索できるのが最大のメリットただし、そのぶん情報量が多すぎるので使い方に工夫が必要です。時間がかかっても良いから色々なバイトが見たい人向け。

 

"短期"で検索してもかなり多くの情報が出てくるので、まず自分の住んでいる県で絞っで“1日のみ”と検索したり、“試験監督”や“着ぐるみ”、“交通量調査”というように自分の働きたいバイトや働きたい日付で検索するとより便利に使えるでしょう。

 

ただし、情報量が多いので手間はかかります。他のサイトをいろいろ見たけど、やりたい仕事がなかったという人向け。

公式ページへ⇒ Lacotto(ラコット)

 

第4位 アルバイト Web an

「Web an」は“1日のみ”といったように、短期・単発のバイトを探せる機能がついているのが魅力的です。住んでいる地域ごとに求人を探せますが、求人情報が多すぎるので探すのには少し時間がかかるかもしれません。

 

ただ、そのぶん変わった求人も多く、サッカースタジアムでの受付・販売といったようにイベント系のアルバイトに強い印象です。イベント系の求人は高時給なことが多いので、そういった仕事を探している方に向いているでしょう。

 

ときどき、交通量調査など人気のアルバイトの求人が出ていることもありますが、やっぱり全体的にはイベント系の求人が多めです。「Web an」という名前だけあって、フリーペーパーでの求人も行っているサイトなので、信頼できるのも魅力的です。

公式ページへ⇒アルバイト Web an

 

第3位 タウンワーク

言わずと知れたバイト募集フリーペーパーのサイト「タウンワーク」。日本でタウンワークを知らない人は少ないでしょう。コンビニの店頭にあるタウンワークのフリーペーパーにお世話になった人も多いかと思います。なによりこのサイトが良いのは、募集しているバイトの数もそれなりで、ちゃんと日雇いのバイトを絞り込めること。

 

この“日雇いのバイトを絞り込める”というのは、重要ですが意外とできないサイトが多く、たいていのところは登録制のバイトがまぎれこんできます。単発のバイトだけを指定できる機能が付いているだけでも貴重なサイトです。

 

まれに、「無重力空間での生活バイト」「声優としてアニメに出演」など、ものすごくレアなバイトの求人を出していることもあります。あくまで客寄せのようで、正直私は2,3回応募しても受かったことはありませんが、そのぐらい積極的にバイトを募集しているサイトです。

 

他のサイトに比べれば、地方の求人も少し多めなので地方の人にもおすすめ。

公式ページへ⇒ タウンワーク

 

第2位 はたらこねっと

「はたらこねっと」は、日雇いバイト、日雇い派遣以外にも数多くの単発アルバイト情報を集めたサイト。他のサイトに比べて、試験監督など人気のバイトが圧倒的に多いです。

 

屋外で働くより室内で働くお仕事を探したい人におすすめ。バイトの種類も豊富で、検索の際に“単発”というワードで検索すれば、それなりの単発バイトや派遣が見つかります。

 

比較的、女性向けのアルバイトもほかのサイトに比べれば多めといったところでしょうか。

 

外部とはあまり連絡を取っていないのか、他の求人情報サイトにない日雇いバイトなどもかなりあるので、普段は他のサイトで探しているという人も、はたらこねっとは見ておいたほうが吉。

 

最近ではテレビCMなども出していて、求人数自体も少しずつ増えてきているようです。

公式ページへ⇒はたらこねっと
 

第1位 ショットワークス

圧倒的第一位は「ショットワークス」。日雇いや単発の求人を専門とする企業であるインディバル(Yahooの子会社的な企業)が作ったサイトなので、その使いやすさはダントツかもしれません。

 

日雇いのバイトを絞り込めるだけでなく、「明日働きたい」「明後日働きたい」といった日にちの指定ができる点は他のバイト募集サイトにはない機能です。また日雇いバイトの数や種類もここに勝てるサイトは少ないかと思います。

 

実質、ここに働きたい求人がないかを探してから他のサイトを見たほうがいいかもしれません。とにかく日雇いバイトに関してはトップクラス

 

欠点は、インドアなバイトが少なめなこと。データ入力や試験監督、インタビューなどのバイトは少なめかもしれません。もしもそういったバイトを探している場合は、2位のはたらこねっとや3位のタウンワークを探すのもアリ。

 

ただし、イベントのアルバイトなど時給が高い人気のバイトも多いうえ、利便性という点に関しては他のサイトに勝っています。「明日お金が欲しい」「今週中にお金が欲しい」という人は実質ショットワークスを利用するしかないでしょう。

公式ページへ⇒ショットワークス

まとめ

いかがでしたでしょうか。ひょっとすると有名な大手の求人情報サイトが入っていないのを不思議に思った方がいらっしゃるかもしれません。確かにそういったサイトは普通のバイトを探すには強いのですが、日雇いアルバイトに関しては意外とそれほどでもなかったりします

 

そして、一応ランキングの注意点として、これはあくまでニートの主観に基づいて、また「日雇いバイトを」「楽に探せる」順にランキング化したものです。

 

おそらく「長期のバイトを探す人」や「バイト募集サイトの質はバイトの種類の多さで決まるという人」にとっては、また違ったランキングになると思います。その辺りはご了承いただけると幸いです。

 

補足

実は、学生向け・主婦向けの日雇いバイト、日雇い派遣は上のサイトで探すより、リクナビ派遣などで“単発”と検索した方が良いです。こちらのサイトでは試験監督官や選挙バイトといった人気の単発求人がたくさん掲載されていますし、余計なバイト情報がほぼありません。

 

ただし、これらのサイトの求人は日雇い派遣の方が多く、学生や高齢者、主婦以外がやろうと思うと面倒な手続きが必要になる上、人によっては参加できないこともあります。やっぱり、学生や主婦向けのサイトといった感じです。

 

フリーターの人たちは日雇い派遣禁止法案によって日雇い派遣を出来ない場合が多いので、そういった方たちにとっては上のランキングに載せたショットワークスのほうが役に立つでしょう。自分の状況に合わせてアルバイトか派遣かを選択してください。

 

そして、もしあなたが、人気のある日雇い業務をしたいと考えている場合は、早めに応募されることをおすすめします。たとえば、交通量調査、通行量調査、選挙の出口調査などといった案件はものすごくたくさんの応募があります。

 

ですので、早ければ業務の1週間前には応募の打ち切りということも十分あり得ます(業者によってはコネでずっと同じ人に頼むというところもあるぐらいなので、一般で応募されている時に応募しておくと、今後も声がかかる可能性が高いでしょう)。

 

他にも、もっと人気の時期限定のバイトは一か月前には募集を終了することもあるようです。基本的に人気のバイトを見つけたら“今すぐ”応募することが重要です。でないと、選考すらしてもらえない場合もあります。

 

「日雇いって初めてでよく分からないし不安だ」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、最悪どんな失敗をしたとしても単発の仕事ですから、1日働けばその現場はおさらばです。それに、1日だけ入るような人間に複雑な作業を任せられることもありません。不安も感じるかもしれませんが、意外となんとかなります

 

ちなみに、私は飲食のアルバイトを1日でクビになったことがありますが、日雇いや単発バイトではまだクビになったことがありません(色々な方に迷惑をかけた気はしますが……)。ですので、きっとあなたも大丈夫です。その日を乗り越えられれば、何とかなると思います。

 

だからと言って決して責任を放棄していいわけではありませんが、少し気軽な気持ちで参加してみると良いかもしれません。ぜひ一緒に頑張りましょう。