読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋市天白区の美味いパン屋さんに行ってきた

ぶらぶら

どーも、ニートです。

 

普段は不審者然と千種区周辺をよく散策しているニートですが、先日ちょっと私用があったので、天白区の地下鉄「野並」駅へと行ってまいりました。

 

以前は地下鉄「桜通り線」の終着駅だったこともあって、マンションや住宅街などが多く地味に栄えるこのエリア。地下鉄の4番出口を降りると、すぐ道路向かいに可愛らしいパン屋さんが発見できます。

 

その名も「ぱん・くまくる」さん。駅前の大通りに面しているだけあって、お客さんが数分単位で入れ替わり立ち代わり訪れる人気店のようです。

 

f:id:nyarumeku:20141116111748j:plain

f:id:nyarumeku:20141116112002j:plain

 

なによりこの可愛らしい外装に惹かれたニートは早速火の明かりに導かれた蛾のごとく店内へと突入。

 

個人的には、外装以上に中に入った時の雰囲気にやられました。

 

f:id:nyarumeku:20141116112137j:plain

f:id:nyarumeku:20141116112151j:plain

f:id:nyarumeku:20141116112200j:plain

 

落ち着いて撮影しているヒマがなかったので手振れがひどいですが、それでも大体の雰囲気は感じ取ってもらえると思います。本当にかわいいお店ですよね。

 

ライトアップの仕方なども含めて心が癒されるような雰囲気です。こうして写真を撮っている間にもお客さんが何度も入れ替わっていたので、地元の人に愛されるお店なのだろうなという事がうかがえます。

 

パンの種類はメチャクチャ多いわけではありませんが、がっつりハードなパンから日本人向けの甘めのパン、ウインナーの入ったパンなど、見ていてどれを食べようか迷うラインナップです。

 

今回は「クロワッサン(170円)」と「パン・オ・フロマージュ(230円)」を購入。さっそく近所のベンチに座ってほお張ります。

 

まずはクロワッサン。

 

f:id:nyarumeku:20141116112920j:plain

 

外はカリッと、一口噛めば表皮がハラハラと崩れていくほど薄く、パリパリに仕上がっています。それなのに、中の生地は中心に近づいていくほどしっとり感を増します。断面も綺麗な白です。

 

f:id:nyarumeku:20141116113054j:plain

 

中心部分がまるで水分を含んでいるかのようにしっとりとした食感を感じさせます。クロワッサンの中心はどちらかと言うとふわふわのイメージが強かったのですが、こちらのしっとりさも美味しいです。バターの軽い塩気がとてもよく合います。

 

そしてお次はパン・オ・フロマージュ。

f:id:nyarumeku:20141116113449j:plain

 

焦がしたチーズが目にも美味しいパンですが、一口噛むとさらに美味しい。中の生地にはたっぷりのチーズが練り込まれていて、カリッと香ばしい外側のチーズと滑らかな内側のチーズが本当に良い相性です。

 

ガッツリとしたハード系のパンを食べていないので判断は難しいですが、少なくとも今回買ったパンは何れもしっとりとした生地が特徴的でした。日本人の口に合うように配慮してあるのかもしれません。

 

個人的には誰にでもお勧めしやすいタイプのパン屋さんだと思うので、パン好きだという方でなくともぜひ。本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

多分、また近くに寄った時には必ず来ると思います。

 

以下に「ぱん・くまくる」さんの情報を記載しておきます。

 

住所: 天白区野並3丁目404 メゾン野並1A

TEL: 052-893-9860

定休日: 日曜・隔週月曜定休

営業時間: 10:00~19:00