読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕎麦とコーヒーのレトロなお店で鴨のランチを食べてきました

ぶらぶら

どーも、ニートです。

 

ニートは普段、700円以内で食べられるようなご飯屋さんに行くことが多いのですが、財布にゆとりができた時には多少の奮発もします。お金のゆとりは心のゆとりです。

 

今回も「ちょっと良い感じのお店でランチでもしようかしら」と、地下鉄「池下」駅界隈をぶらぶらとしていると、レトロチックで落ち着けそうなお店を発見しました。その名も「たか乃」さん。

 

f:id:nyarumeku:20150113215109j:plain

f:id:nyarumeku:20150113215119j:plain

 

うっすらと見える「蕎麦会席(2900円)」の文字。なかなかのお値段ですが、払えないことはありません。財布の中の諭吉さんや野口さんたちと相談しながら、中へと入ります。

 

f:id:nyarumeku:20150113215124j:plain

 

店内は昼飯時とあって、たくさんのお客さんがいらっしゃいます。ですがレトロモダンな空間を思わせる店内と静かなBGMで、お客さんも大騒ぎする方はいらっしゃいません。

 

店員さんは3世代の女性三人で接客や調理をされているようです。決して広くはありませんが、落ち着ける空間です。

 

こういう空間に来ると、チェーン店のレストランに行って「サービスが悪い」と怒鳴る方を思い出します。やはりある程度のサービスを受けたいなら、それなりのお金を出すのが筋ですよね。

 

f:id:nyarumeku:20150113215129j:plain

 

一番若い女性の店員さんから手渡されたメニューは銀色のカバーがかかった小冊子。中を覗いていくと、蕎麦会席とは別に1000円のランチメニューがあるではないですか。

 

先ほどの決心はどこへやら。野口さんが1人いなくなるだけで済むのなら、そちらにしてしまいましょう。お金のことについては意志が弱いニートです。「チキンカツ丼」「カモの照り焼き丼」「ビーフシチュー」の3種類からカモの照り焼き丼を選択。

 

蕎麦屋さんと言えば、やっぱりカモですよね。あんまりカモ、カモ言い続けると今日ギャンブルでスッてきた方に怒られそうなので、ほどほどにしておきます。

 

本を読みながら待っていると、10分ほどで出されたのがこちら。

 

f:id:nyarumeku:20150113215133j:plain

 

「サラダとコーヒーが付きます」とは書いてありましたが、お吸い物と香の物も付く立派な定食仕立てでした。これはありがたい。

 

早速、まずはサラダからいただいたのですが、これが個人的にはけっこう好きでした。味がどうこうというより、そばの実を揚げたようなカリカリとした実が入っていて、食感と香りが非常に良いサラダです。

 

カモの照り焼き丼ももちろん言うことはありません。甘辛い照り焼きのタレと脂ののったカモを三つ葉の香りが締めてくれたジューシーな丼。こちらにも先ほどのカリカリの実が入っているようで、その食感がカモの柔らかさとよく合います。

 

丼に添えられた茎わさびで味や香りを変えられるのも素敵な心配りです。お吸い物や香の物を楽しみながら、じっくりと完食。男性のニートには腹八分目の量でしたが、満足感の高い食事でした。

 

食後には500円のコーヒーか紅茶が無料で付いてきます。だいぶお得なセットになっていますね。個人的には、デートにも使えそうなぐらいオシャレな空間だと思います。また時間があったら寄りたいお店です。

 

ごちそうさまでした。

 

以下に、「たか乃」さんの情報を記載しておきます。ちなみに、池下駅から地味に歩きますが、駐車場もあるので車でのアクセスもお勧めです。

 

住所: 名古屋市千種区高見2-9-29

TEL: 052-761-5580

定休日: 月曜・第四火曜

営業時間: 10:00~21:00