読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単発バイトや単発派遣の探し方まとめ ―5ステップでほぼ全ての求人を見つける方法―

バイトと副業 日雇い

最近、単発バイトの探し方について悩んでいらっしゃる方をよく目にします。
 

そこで、今回は日雇いバイトや日雇い派遣を私が普段どのように探しているかをご紹介したいと思います。ただし最初に注意点を述べておくと、決して「単発や日雇いバイトで生計を立てようとは思わない」でください

 

もちろん、そうしなければ今を生きていけない人たちもたくさんいます。ただ、あくまでも単発・日雇いバイトは「ちょっとお金が足りなくなったから」あるいは「少し欲しいものがあるから」程度の利用にとどめておくことをお勧めしておきます。

 

それでは、日雇いバイト&派遣の私なりの探し方を①から順にご紹介します。

 

ショットワークスを使う

基本的に、日雇いバイトや日雇い派遣を探すうえでは欠かせないサイトです。そして、なぜかショットワークスで掲載されているバイトはIndeedでは探せないことが多いです。

 

ショットワークスはYahooが運営しているので、何かしらの検索対策でもかけているのでしょうか?いずれにせよ、安定的に日雇いバイトを探したいなら絶対にこのサイトは見ておいた方が吉です。

 

ただし、あまり目新しいような求人は少ないため、珍しいバイトや人気のバイトをしたいなら、このサイト以外で探した方が良いでしょう。

 

日雇いバイトを探せる機能がついたサイトで探す

例を出すなら、タウンワークフロム・エーナビなどのサイトでしょうか。これらのサイトには、日雇いバイトを探すのに有利な機能がついています。今までも、こういった求人情報サイトを使われてきた方は多いでしょう。

 

ただ、これらは1つ1つのサイトの情報量が少ないのが欠点です。全てのサイトを見ていたら時間がいくらあっても足りないので、自分なりに日雇いバイトを探しやすいサイトの目星をつけておく事が重要です。

 

一応、以前私が日雇いバイトを探すのに役立つサイトをご紹介したので、全く何も参考にするものがないという方は、以下のリンク先を参考にして下さい。

 

 

③大手派遣会社を使って探す

人によっては、この探し方が一番に来るかもしれません。特に60歳以上の方、主婦(主夫)、学生、自営業者は大手派遣会社を使った方がメリットが大きい場合もあります。大手派遣会社の例を出すなら、リクナビ派遣テンプスタッフなどでしょうか。

 

特に人気の“試験監督官”や“選挙関係求人”などは、派遣会社を通して募集されることが多いので、それぞれの派遣会社から探した方が早いです。ただし、フリーターや私のようなニートが日雇い派遣をするには強力な制限がかかるので、注意が必要です。

 

「日雇い派遣の制限ってなに?」という方は、以下のリンク先に少しまとめているので、よろしければ参考にしてください。

 

 

Indeedで探す

ここまでやっても特にやりたい仕事が見つからない場合、あなたが探している仕事は少し特殊な内容なのかもしれません。Indeedは、特にハローワークの求人などを一括で検索したい場合などにありがたいサイトです。ただし、検索の際にはちょっとしたコツがあります。検索する際には、以下の単語をそれぞれ試してみて下さい。

 

“日雇い” “日払い” “単発” “1日のみ”

 

だいたいこの4ワードでだいぶ日雇いバイトや派遣を絞れるはずです。ただし、これでも検索漏れする場合も出てきますし、そもそもIndeedに全てのバイト情報が載っているわけではないので注意が必要です。

 

⑤地域の求人情報サイトを探す

おそらく、皆さまの住んでいる場所にもその地域限定でバイトや派遣を紹介しているサイトなどがあるでしょう。特に関東や関西に住まれている方は、そういったサイトがたくさんあるはずです。

 

たとえば、関東や愛知などには、バイトレのような地域密着型の求人情報サイトがあります。こういったサイトは①~④にはない、珍しい求人を出していることが多いので非常にありがたいサイトです。

 

ただし、これが⑤に来ている理由は3つあります。それは、「求人の数が少ない」ため、また「日雇い求人を探すための機能が付いていない場合も多い」ため、そして「地方にはこういったサイトが少ない」ためです。

 

とはいえ、安定的に日雇い求人を出している地方の求人情報サイトももちろんあります。⑤の方法を実行する際に大事なのは、自分にとって信頼できるサイトを見つけることだと言えるでしょう。

 

地域によっては、大手のサイトよりもこういった地域の求人情報サイトの方が求人が多いということも普通にあるので、特に大都市圏に住んでいない方にお勧めのやり方です。

 

 

さて、いかがでしたしょうか。私が日雇い求人を探す際のテクニックをすべて書いたつもりです。もちろん、これでも求人の見逃しは起こるでしょうが、ここまでやればだいぶ日雇い求人を絞り込めるはずです。

 

ちなみに、これらのサイトをすべて見回るには大体2時間ぐらい必要です。明らかに効率が悪いです。できるなら、自分にとって探しやすい、あるいは信頼できる求人情報サイトを2,3個持っておくといいでしょう。

 

追記

ちなみに、看護師の派遣など一部の職業に関しては、通常の求人情報サイトよりも看護師専用のサイトなどを使ったほうが探しやすいようです。専門的な派遣サイトを探している方は、以下のような看護師派遣を専門とした記事を参考にしたほうがいいかもしれません。