読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャラバンカーの展示イベント設営・撤去の単発アルバイトは緊張した話

バイトと副業 日雇い

日本全国を飛び回るようなイベントでは、車の荷台を開くと、車自体をそのまま展示場にできるようなイベントトラックを使うことがあります。俗に言うキャラバンカーと言うやつです。

 

f:id:nyarumeku:20150511185129j:plain

画像出典:http://www.city.kumagaya.lg.jp/photo_news/H21/2009_11_2.html

 

このキャラバンカーですが、見た目の可愛らしさとは反面、色々面倒なことをして組み立てなければなりません。今回は、フロム・エーナビを介してこのキャラバンカーの設営・撤去の日雇いアルバイトに行ってきたので、ダイジェストで内容をご紹介したいと思います。

 

バイトの概要

  •  時給4000円
  • 1時間勤務×2(設営と撤去)の計2時間
  • 交通費支給有り
  • 前日研修有り

 

某日前日 12:00~13:00 事前研修

まずは社員さんからのマニュアルの受け渡しと資料の読み合わせ。全ての作業はこのマニュアルに沿っておこなうこととのお達し。一般社会においてマニュアル人間は嫌われるそうだが、こと単発や日雇いのアルバイト社会に限って言うならば、マニュアル人間以外が嫌われる。

 

マニュアルを見てみると、どうやらキャラバンカーには高価な機材も乗っているということで、防犯装置をオフにして作業した上で、作業終了後にオンにしたりと面倒な手続きをしなければならないようだ。人がたくさん来るイベントカーとはいえ、厳重なことである。

 

ペラペラと紙をめくって注意事項を読み流していると、気になる項目があった。

 

“今回の設営・撤去従事者は1人です”

 

見間違いか。前日に1時間ほどマニュアルを読みこんだだけの私が現場責任者だとでも言うのだろうか。「おそらく現地で他の責任者と会うのだろう。この会社から行くのが私だけと言うだけの話ではないのか」と恐る恐る派遣の人間に尋ねてみると、「ああ、今回はあなた一人だけで作業をするので、絶対に遅れたり休んだりしないでくださいね」と軽い一言。

 

さらに、派遣会社の人間は続けた。

 

「あ、そうそう。この研修が終わったら、責任者としてキャラバンカーの本社の方に電話をして下さい。当日のあいさつもよろしくお願いしますね」

 

“マニュアル人間を量産するだけの簡単なお仕事”だと思っていた私を絶望に叩き落とすには十分な一言だった。その後、電話のマナーをGoogle先生に尋ねて、WORDで電話マニュアルまで作り、震える手で電話番号を押したのは言うまでもない。委員長とか代表とか責任者とか、そういった責任重たげな言葉は大の苦手なのである。

 

いよいよ明日を迎えるのが憂鬱になってきた。

 

某日 6:00~7:00 キャラバンカーの設営

イベント会場は何もキャラバンカーだけのものではない。色々な企業やイベントブースが軒を連ねてイベントの準備をしている。他社スタッフの怒声や鉄筋がガンガンと音を立てる様子は、ある意味イベント中よりもにぎやかだ。けたたましいと言った方が正確かもしれない。

 

それぞれの会社には各々で割り当てられたスペースがあるので、喧騒に巻き込まれないよう縮まりながら自社スペースへ。

 

すでにそこには、本社の人間とトラックの運転手が集合していた。会社名と氏名をそれぞれに告げて、まずは第一の関門突破。「〇〇さんのところは作業が早いからねぇ。よろしく頼むよ」という無暗なプレッシャーを本社の人間にかけられ胃がきりきり痛むが、全力をもって応えるしかない。

 

キャラバンカーの設営手順は大ざっぱに示せば以下の通り。

 

  1. ジャッキで車体を固定
  2. 荷台の側面を開く
  3. お客様が乗降するための階段を側面に置く
  4. 現地会場の電源をもらい、車内の機器に電源を入れる

 

これだけである。機械の設定などは全てマニュアルに載っているので、よほどの機械音痴でもなければ困ることはない。

 

地味に大変なのが、ジャッキの固定。普通の乗用車のジャッキと違って、このジャッキは油圧ジャッキというらしく、操作を間違ってオイルが漏れると使い物にならなくなるらしい。力も全く要らず使い心地は悪くないが、他人様の車を扱うことを考えれば厄介な代物だ。

 

バル(BAL) ボトルジャッキ 4トン用 No.1363

 

賠償なんて事態ならまだいいが、ジャッキアップが下手くそだったために客が載っている時に車体が傾いたりしたら大問題である。慎重にジャッキを上げてキャラバンカーを固定した。その他作業も難なく終了。どうやら本社の人間の期待も裏切ることなく、作業を終了できたようであるのを確認し、車のキーを担当者に預けて後半の作業に備えた。

 

某日 17:00~17:30 キャラバンカーの撤去

設営と違って撤去に関しては難しいことは何も無い。むしろ、設営と同じことをやっていくだけなので、難なく終了。1時間の予定だったが、作業時間は30分に繰り上がり。それでも変わらないお給料に感謝しながら、イベントカーのキーをトラックの運転手に手渡し、その後ろ姿を見送った。

 

日雇いとしては初の現場責任者だったが、どうやら無事に終えられたようだ。ホッとしたのもつかの間、「そういえば責任者手当のようなものはつくのだろうか」とほのかな期待を胸に派遣会社へと終了報告をしたが、その期待はあえなく散って行った。

 

総括

キャラバンカーの設置系の募集はあまり多くないですが、作業としてはかなり楽な部類だと思います。マニュアルも徹底していますし、何より重たいものを扱うこともないので、女性にも簡単です。

 

欠点を上げるとしたら、設営も撤去も時間がかからないので、あまり稼げないというところでしょうか。私は設営と撤去をどちらもやったため、日給8000円ぐらいの仕事にはなりましたが、どちらか一方だと日給3000か4000円程度のバイトにしかなりません。

 

準備時間や集合時間もあることですし、日雇いや単発のバイトでそれは少しキツイでしょう。できるなら設営と撤去の両方に入ることをお勧めします。

 

あと、キャラバンカーは設営に手間がかからないので、作業者は私と同じく1人限定になると思います。もしも興味があればフロム・エーナビショットワークスなどでも見つかると思うので、早めに応募されることをお勧めします。

 

また面白いバイトがあればレポしていきたいと思います。

 

関連記事:ニートが日雇いバイトのサイトを比較しておすすめ5つを決めるよ