読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋でスペースを使ったビジネスを始めたくて貸店舗を探しているのだけど難航中……

日常

今までは実店舗や在庫を持たない事業をメインにやってきました。

 

これだけで暮らしていけないこともないのですが、実店舗を持ったビジネスって憧れますよね。「脱サラしてカフェを経営!」ってなわけではないですが、やっぱり自分の城を持つことに憧れる人は少なくないと思うのです。

 

ホリエモンなんかに言わせれば、わざわざ在庫やスペースを抱えるようなやり方は“儲からない”のでしょうし、効率も悪いのだと思います。いや、実際効率は悪いと思いますけどね。

 

ただ、「憧れだけでメシは食えない」とはその通りだと思いますが、「憧れがなければ生きている意味がない」と私個人は考えているのです。

 

そんなこんなで名古屋の貸店舗を探しているのですが、今のところ新たな城探しは難航しています。

 

f:id:nyarumeku:20150717212706j:plain

 

ケース1 駅ナカの店舗を借りよう!

名古屋の地下鉄は市営で、駅内の店舗も市が管理しています。

 

そのため、地下鉄の駅ナカに店舗を開きたいと思ったら、市に連絡するしかありません。名古屋の場合は、各区役所の資産活用課に連絡します。

 

一応、ホームページで空き物件を確認するページもあるのですが、情報が更新されていないこともあるので、現地で空き物件があるかどうか確認したほうが確実です。

 

とはいえ、現地で確認しても間取りや設備は確認できません。そこで資産活用課に電話をかけてみたのですが、結果はダメ!取りつく島もなくダメ!

 

排水設備がないので、飲食などフードやドリンクを提供する施設はダメだと言われてしまいました。市の設備なので店舗を改装することも難しいですし、結局ここはあきらめてしまいました。残念です。

 

市営の施設は立地は良いものの、やっぱり条件面で諦めてしまうこともありますね。あ、担当の方の対応はすごく良い感じでしたね。

 

ケース2 ネットの賃貸サイトで店舗OKの貸店舗を探す

一般的にお店を始めたいと思ったら、ネットの賃貸サイトで貸店舗を探すことが多いと思います。

 

ガッツリ飲食店をやりたいと思えば、少しでも資金を抑えるために前のお店の設備を残した"居抜き"のお店を探す人もいらっしゃるでしょう。

 

ただ、居抜きであってもスケルトン(何も設備がない)であっても、ネットで見つけられる物件は正直なところ「潰れるべくして潰れた」という立地のお店が少なくありません。「この立地でこのお家賃は厳しいなあ」といったところ。

 

すべてのお店がそうとは言いませんが、ネットで探せる良物件はそれなりの資本を持っていなければ利用するのが難しいので、小資本で始めたいと考えている私にとってはあまり向いていないようです。

 

新規ビジネスを立ち上げるって貧乏人には辛いです。世知辛い世知辛い。

 

今後の展開

こういった事情もあったため、しばらくは新しい事業を始めるのもやめたほうがいいのかもなあとも思ったこともあります。「金もねえくせに事業なんて始めてんじゃあねえよ、ああん?」という神のお告げだと。えらく俗っぽい神様ですが、そう考えたこともありました。

 

事業用の物件はネットにのっていないことも多いので、足で探そうかとも考えていたのですが、そんななか転機が訪れました。

 

私は基本的に何かをやりたいときには、必ず他人にその計画を話してからやることにしているのですが、そのなかで、知り合いの不動産を持っている方から一時的にスペースを貸してもらえるかもしれないという話が持ち上がってきたのです。

 

まだ物件は見ていませんが、実際のモノを見せていただいて都合が良ければお借りしようかと考えています。

 

どんな仕事でもそうだとは思いますが、個人の実力よりも、どれだけ他人に助けてもらえるか、どれだけの人を実際に頼れるかはとても大事なことだなと改めて感じた瞬間でした。

 

世間様は厳しいと言われますが、誠実な人間関係を築く努力をし続けていれば、きっと誰かがどこかで応えてくれると思います。

 

せっかく私や、私と一緒に仕事をしてくれる人たちのことを信用して物件を貸す提案をしていただいた方たちのためにも、成果を持ってお応えしたいなと考えている最中です。