読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今池駅で安く飲み食いできる居酒屋「かっぱの茶の間」でガッツリ食べてきました

ぶらぶら

「名古屋で飲みたいなら、どこがおすすめですか?」と聞かれれば、まず多くの人は栄駅周辺をあげるでしょう。ただ、栄より安くて雑多な感じの居酒屋が多い場所があります。それが今池駅です。

 

栄よりも地価が安いため、手頃な値段で飲み食いできるお店が多く、以前ご紹介したことのある「すし旬」さんなどもこちらにあります。

 

 

そんな今池駅周辺の中でも特に雑多で、特に安く、特に料理の美味しいお店が「かっぱの茶の間」さん。地下街の中にあり、初めての人だと入るのにちょっと勇気のいる面構えの、下町情緒あふれるお店です。

 

f:id:nyarumeku:20150812154608j:plain

f:id:nyarumeku:20150812154712j:plain

 

ビールケースを裏返して板を乗せただけのベンチや、壁に書かれたよくわからないポエム、ワイン・焼酎・マッコリのやかん売りなど、初めて入った人だと少し圧倒されるかもしれません。

 

ただ、こちらの変わっているところは見た目だけではありません。

 

まず名古屋では類を見ないほど安いです。

 

ほとんどの料理が100~500円台で、2,300円で食べられるメニューがほとんど。それなりに酒もごはんも飲み食いする人でも、4000円を超えるのが難しいくらい。昼間でも飲める店がコンセプトで、昼間っから一人で飲み食いをしに来る人がカウンターを陣取っています。

 

f:id:nyarumeku:20150812154730j:plain

 

そして、こちらのお店は一応焼き鳥屋を名乗っているのですが、串に刺さった焼き鳥ではなく、テーブルの真ん中にデンと置かれたコンロを使って、焼肉のように鶏を焼いていくスタイル。

 

この鶏が新鮮で、レバーなども少し炙っただけでも美味しく食べられるぐらい鮮度の良い肉を使っています。それなのに一皿280円ととてもお安い。

 

f:id:nyarumeku:20150812154738j:plain

f:id:nyarumeku:20150812154754j:plain

 

そして何より美味しい。全部の料理がおいしいです。ささみの霜降りなどの新鮮さが問われるネタからペタ焼などの変り種まですべてがおいしい。

 

個人的に、こちらで一番感動したのはエイヒレでしょうか。300円弱で食べられるお手ごろさのエイヒレなのですが、こちらではまず生で提供され、それを自分の手で焼きます。

 

f:id:nyarumeku:20150812154758j:plain

 

それを少し焦げ目がついたぐらいのところでいただくのですが、新鮮なエイヒレってあんなにもネットリとした食感なのだなと感動しました。カリカリっとしたスナック感覚のイメージだったのですが、ジューシーさがあります。

 

そして、いろいろな料理を味わった後は最後の鶏スープ出汁のお茶漬けで〆。出汁スープにふっくらとしたささみでシンプルにイケる一皿。お好みでわさびを溶かすと、ピリッとした食感が加わって、〆だというのにガツガツいけます。

 

f:id:nyarumeku:20150812154802j:plain

 

全体的にごはんのレベルが高く、大衆居酒屋のコストパフォーマンスという意味ではかなりハイレベルなお店だと思うので、もし興味があれば訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

レトロ居酒屋な雰囲気やワイワイガヤガヤといった空気が苦手な方でなければ、きっと満足すると思いますよ。夜はけっこう賑わうので、予約していかれることをおすすめします。

 

以下に、「かっぱの茶の間」さんの情報を記載しておきます。