読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東海地方発の金沢カレー「金沢ロイヤルカレー創」のカレーを大須で実食

ぶらぶら

金沢と言えば、金沢カレー。

 

普通のカレーよりも濃厚な、まるでソースのようなドロッとしたカレーが特徴のカレーです。金沢カレーと言えば、金沢市発祥の「カレーのチャンピオン」や「ゴーゴーカレー」あたりが有名でしょう。全国的に店舗展開をしていっているので、かなり多くの方が知っていると思います。

 

ただ、最近では"金沢以外の地域発祥"の金沢カレーも出てくるようになりました。名古屋にも、そんな「金沢カレー」のお店が存在します。

 

「金沢ロイヤルカレー創」です。

 

f:id:nyarumeku:20150826140627j:plain

 

名古屋には大須店と栄店、名古屋駅店がありますが、"東海発の金沢カレー"として東京にも「金沢カレー絆」という名の系列店舗を展開しています。今回訪れたのは大須店。サブカルチャーの街に負けず劣らずの光を放つカレー屋さんに行ってきました。

 

金沢カレーと言えば、キャベツのたっぷり乗ったカツカレーが定番ですが、こちらはココイチなどのように色んな具材をトッピングした金沢カレーを楽しむことができます。

 

今回頼んだのは「牛すじカレーLサイズ(930円)」。私は牛すじの入ったカレーが大好きだったので、腹いっぱい食べてやろうと大盛りのサイズを頼んでみました。

 

待つことほんの1,2分ほど。さすがはカレーチェーンと言っていいぐらいのスピードで、目の前に牛すじカレーが置かれました。

 

f:id:nyarumeku:20150826140634j:plain

f:id:nyarumeku:20150826140637j:plain

 

……なんか想像してたのと違う。

 

うん、牛すじカレーってよりは、牛すじ on カレーといった感じ。まさかガッツリ牛すじ煮込みが出てくるとは思いませんでした。

 

まあ、見た目より味です、味。味が美味しければなんの文句もありません。

 

まずは具を避けてルーを一口いただくと、これはまさに金沢カレーといった感じのお味ととろみ。色もまさに金沢カレーといった感じの色をしていますが、味もバッチリ金沢カレーです。東海発祥だからといって本場に負けてはいません。

 

問題は牛すじですが、これもまたおいしい。柔らかくトロトロになるまで煮込んだ牛すじとホロホロと崩れる野菜、弾力もありつつ柔らかいコンニャクのマッチ具合が良い感じ。和風の優しい味付けも良いですね。これだけでご飯にのせて食べたいぐらい。

 

牛すじとカレーを一緒に食べると、うどん屋さんで食べるような和風カレーのお味になり、これはこれでアリだなと思える一品に。金沢カレーを食べに来た人には、味が混ざってしまうので敬遠されるかもしれませんが、和風カレーってなかなか食べられないので、全然OKだと思います。

 

チェーン店でこれだけ早く提供されて、このぐらいのクオリティのものが食べられるなら満足といったレベルのお味。カレールーがけっこう重たいので毎日食べる味ではありませんが、ときどき無性に食べたくなる味になりそうです。このジャンキーさは良いですね。

 

次は本場のカレーと比べるために、定番のカツカレーに挑戦してみることにしましょう。

 

東海発の金沢カレーを味わってみたいという方は、ぜひ金沢ロイヤルカレーに行ってみてはいかがでしょうか。大須店の情報を記載しておきます。