読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗開業の告知方法について ―経営者たちの話のまとめと雑感―

個人事業主

私も事務所を構えて、オープンにいたるまで少しずつ実店舗として機能するようなカタチを整えているところですが、こうした活動の中で悩むことがあります。

 

それは「一体どこでお店の開業って告知するのだろうな」ということ。

 

私の場合はブログやサイト、ソーシャルメディアなど、比較的ネットでの告知を重視して運営していますし、それで少しずつご予約のお客様も増えてきているのですが、普通に立ち上げられる方ってどうしているのでしょう。

 

私自身も足りない頭をぞうきん絞りのごとく捻って考えてみたのですが、学生からすぐに独立した私にしてみれば、これがなかなか難しい。

 

困った時の人頼みならぬ事業者頼みということで、新規店舗開業の告知や宣伝方法について知人の経営者たちに聞いて回ってみました。

 

すると、だいたいあがってきた告知方法は以下の通り。

 

同業者のネットワークを使う

ポスティング

口コミ

フリーペーパーや新聞への広告掲載

街頭チラシ配り

勤めていた会社のお客さんをターゲットにする

駅やスーパーの掲示板で告知

看板を立てる

他店にショップカードを置いてもらう

食べログなどの情報サイトに依頼

ソーシャルメディアを使う

ホームページ・ブログを使う

 

だいたいこんなところでしょうか。

 

少し珍しいところでは、「立ち上げた経営者、もしくはシェフやスタッフが有名な人だったので、雑誌やメディアの側から取材に来てくれて、ほとんど広告費は使っていない」という方もいらっしゃいました。

 

企業勤めの時に名を挙げるって大事ですね……。無名のまま独立なんてしてしまってすいません。

 

まあ、それはともかくネットで「告知 方法」「開業 宣伝 方法」と調べても、いくつかの開業者向けの本などを読んでも新たな告知方法は出てこなかったので、だいたい一般的に使われる方法と言えば、こんなところなのでしょう。

 

 ただ、改めてこうやってみると「資金力・コネ(人脈)・知名度・労力」のいずれか、もしくはその複数が無いと実店舗を持った事業主なんてとてもやれないなと心の底から思います。

 

素人に毛が生えたレベルとはいえ自社サイトを作ったり、ブログを作ったりといった作業ができるだけまだ私は良かったなと。というか、それすらできなきゃ事務所を立ち上げようとすら思いませんでしたが、改めて自分で起業することの大変さを思い知りました。

 

ちなみに、ほとんどの事業者の方がやっていたのは看板立て、ポスティング、同業者のネットワークを使うといった方法です。同業者のネットワークなんて、私のごとき業界の新参者はもちろん持っていませんが、ポスティングや看板立ては別。

 

看板は自作も出来ますが、置き看板程度なら購入しても1万円前後で買えますし、店舗の外側に張るものでも10~20万ぐらいで揃えられるので、大人しく購入したほうが無難そうです。お店の顔でもありますしね。

 

ポスティングも、以前は数万部刷って自分の手で2,3日かけて……といった作業が普通でしたが、最近では印刷から配布までやってくれる業者が出てきたので、10万もかけずに広告宣伝も可能なよう。価格破壊かもしれませんが、便利な時代になったものです。

 

いずれにせよ、こうしたスタンダードな広告方法を自分の予算や労力に合わせて検討しつつ、もう少し一ひねりした告知方法がないかなあと考えているところ。

 

まだまだ実店舗オープンには至っていませんが、時間に余裕があるわけでもないので、素早く入念に考えていきたいところです。