読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚王山のバー「Ozan(オーザン)」で昼からランチ!地下で食べるランチはボリュームたっぷりでコスパ良しでした

ぶらぶら

名古屋で住みたい町ナンバーワンに輝く覚王山エリア。

 

昔ながらの定食屋さんから、若い人が集まるおしゃれなカフェまで様々なお店があるエリアですが、どちらかというと少な目なのがバーや居酒屋といった夜のお店。

 

少なくとも、覚王山のメインエリアである日泰寺参道にはあまり夜のお店がありません。まあ、なんとなく覚王山って昼のエリアなイメージがありますし、夜はかなり人通りが少なくなりますしね。

 

今回はそんな覚王山の参道から少しだけ歩いたところにあるビル「覚王山プラザ」の地下一階、「覚王山バー Ozan」さんへと行ってきました。

 

f:id:nyarumeku:20160319134201j:plain

f:id:nyarumeku:20160319134214j:plain

 

いやぁ、それにしても地下一階の店舗ってすっごく入りづらい。物理的には階段を降りるだけなので全く問題ないのですが、何が辛いって心理的に辛い。勇気がいります。2階だとこんなことはないんですけどねぇ……。

 

まぁ、でもそんな入り辛さも見方を変えてみれば隠れ家的で素敵です。

 

初めてのお店になけなしの勇気を振り絞って一人入店。

 

f:id:nyarumeku:20160319134531j:plain

 

店内はランチをやっているにしてはガランとした開放的な空間。うん、あまり他人と関わりたくない引きこもり系男子にとってはこのぐらい静かな空間のほうが落ち着くかもしれません。

 

人がいないお店で不安を覚えるより、一人で広々と使えるぜいたくさを喜びましょう。

 

そんな静かな空間の中でランチメニューを開いてみると、ほとんどのメニューは600円代から700円代とかなりお手頃。覚王山は家賃の高さに反して意外とランチが安いので、利用する側にとってはありがたい限りです。

 

今回は、その中で「洋風チキン南蛮定食(750円)」なるものを発見したので、それをオーダー。待つこと10分ほどで料理が運ばれてきました。

 

f:id:nyarumeku:20160319134726j:plain

 

え?でかくね?

 

バーの定食ってもう少し小さいもんじゃないの?

 

正直、少し焦りました。調子にのって「ご飯大盛りで!」と頼んだ10分前のメタボリックシンドロームまっしぐら野郎に鉄槌が下りました。生活習慣病待ったなしの大ボリューム。

 

ただ、問題は味です。

 

少し驚きつつチキンに箸を入れてみれば、ホロホロと崩れる衣と絡みつくトマトソース。口に入れると、トマトソースの酸味とタルタルのクリーミーさがほどよく鶏肉に絡みます。

 

うん、美味い。

 

あまりのボリュームに驚きましたが、味づくりはしっかりしている感じ。バーご飯ということで期待はしていませんでしたが、下手な定食屋さんに入るより美味しいです。

 

ただ、いかんせんボリュームがありすぎる。

 

f:id:nyarumeku:20160319135229j:plain

 

これですよ。

 

しかも、タルタルの上に載っている白い物体は何だと思いますか?

 

マッシュポテトです。揚げ物+タルタル+ポテト+大盛り白ご飯。う~ん、頑張れ30代の私。横に添えられた味噌汁とサラダが箸休めにはありがたい。

 

まあ、そんな先行き不安な私の健康情報は置いとくとしても、こちらのランチが700円代で食べられるのは正直安いと思います。

 

メインおかずに汁物、サラダとご飯、しかもそれが大盛りと来ればコスパはかなり高いのではないでしょうか。10代20代の腹ペコ男子におススメのランチです。

 

いかんせん入り口が地下一階で、しかもバーというのがランチ営業で損をしている気がします。店内の雰囲気は悪くないので、個人的にはおすすめなんですけどね。

 

皆さんも、覚王山でランチタイムに立ち寄られたときはぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

以下に、Ozanさんの情報を記載しておきます。