定食屋の懐かしさを味わいに「小松」さんへと行ってきた

どーも、ニートです。 定食屋というものは、どこに行ってもそこなりの“味”があるもので、これはちょっとやそっとの年季では作られません。そこの常連さん、そこの営業の仕方、そのすべてが味となって出てきます。 ニートはそんな定食屋さんや大衆食堂の味を楽しむのが好きだったりします。今回も、そんな定食屋さんを求め…